ウェディングのバイトをしよう|わくわく仕事探し

効率よく求人を探すテクニックについて

障害者の雇用

障害者の雇用について

健常者と同じように障害者であっても働きたいと思うものです。厚生労働省では、企業の規模に応じて障害者の雇用を義務付けているのです。 企業側は雇用する場合には、障害者が安心して働くことができるように環境作りとその人の状況に応じて仕事の内容を考えることも要求されることになります。 作業施設やトイレなどの設備を改善するなどが考えられます。また、障害者に応じて担当者をつけることになるかもしれません。 また、5人以上の障害者を雇用する場合には、必ず障害者職業生活相談員を選任し相談と指導をする人をつけなくてはいけないのです。 そのためには、経済的な負担もかかることから障害者雇用給付金制度などで企業に経済的な支援をしているのです。

経営者や事業主の支援の在り方について

厚生労働省によって、企業では障害者を事業規模に応じて雇用するように率先しています。経営者にとっては健常者と同じように働くことができるように、環境作りなど考えなくてはならないのです。 障害の程度に応じて仕事の種類を決めるなど、その人にとって最適な仕事ができるように配慮することが大切となります。 また、障害を持っているからといってこの仕事しか出来ないと決めるのではなく、本人の仕事に対する希望を聞くなどして配置する部署も考えることが大切となります。その人の能力を引き出せるようにすることです。 健常者といっしょに働くことになるので、職場の中が障害者に対して理解を示し同じ会社の同僚であると認識することが大切となります。